The    
Google Earth API
MENU 

The

『冠詞』より : 英語の冠詞(えいごのかんし、English article(s))では、英語における冠詞について述べる。 冠詞とは、限定詞の一種で、名詞に付いてその定性を表す。英語の冠詞には、定冠詞「the」と不定冠詞「a」「an」があり、場合によっては「some」も不定冠詞として使用されることがある。定冠詞は、聞き手・読み手が指示対象(その名詞が指し示す対象)を特定できるという前提で使用される。すなわち、指示対象が明確または常識であるか、同じ文中あるいは先駆ける文の中で触れられており、唯一的に固定可能という状況で使用される。一方、不定冠詞は、聞き手・読み手が指示対象を特定できないという前提で使用され、不特定の要素を会話の中に新たに導入する役割がある。また、名詞句によっては、冠詞が一切使用されないこともある。つまり、英語の冠詞の語法としては、定冠詞、不定冠詞、無冠詞の3種が存在する。 英語の限定詞も参照。 名詞の可算性と冠詞の選択 英語の冠詞の使い分けには、それを伴う名詞の可算性が関係している。(The)

The Yamachee's

『ミュージックてれびくん』より : 天才てれびくんシリーズの音楽コーナー(てんさいてれびくんシリーズのおんがくコーナー)は、『天才てれびくんシリーズ』の番組内で放送中、あるいは過去に放送されていた音楽コーナーについて解説する。 ポコ・ア・ポコ 1993年4月12日 - 1995年コーナー。クリス(クリスティー・コーサル)がCGキャラクターと一緒に音楽を学んでいくコーナー。 1993年度はキーボードベースへの挑戦を機会にユニットを結成。以後ユニットでさまざまな取り組みを行うようになった。CGキャラポコがアシスタント的な役割を勤める。 1994年度はポコが「音楽なんかヤメテヤル」と発言したのを機にデビルポコ誕生。ポコが囚われの身となってしまい、彼を助けるためクリスが視聴者と共にデビルポコの繰り出すさまざまなクイズに挑戦するコーナーが存在した。 1995年度からは、視聴者から送られてきた演奏ビデオを審査するのが中心になった。ちなみに初期は「恐竜惑星」と隔週入れ替えでの放送になっていた。 出演者 クリス:クリスティー・コーサル タケカワユキヒデ イジューマン:伊集院光 声の出演 1993年・1994年のCGキャラクターポコ:小林優子 れんたろう: ミスターハンズ:おぼたけし りす:高田由美 デビルポコ:小林優子1995年度のCGキャラクターせんせい:上田敏也 チキンパンク:千葉繁 チェリー:小林優子 ユニット ドレミファキッズ(1993年度。(The Yamachee's)

The Beatles

『ビートルズ』より : ザ・ビートルズ(The Beatles)はイギリス・リヴァプール出身のロックバンドである。 主に1960年代に活動した世界的に有名なロックバンド。1962年10月5日(金)にレコードデビュー。1970年4月10日(金)に事実上解散(詳細は#解散とその後のメンバーの関係およびビートルズの解散問題を参照)。"Fab Four"という愛称もある。 バンドの活動期間内に母国イギリスで12作のオリジナル・アルバムを発売し、その内11作が全英アルバムチャートで週間1位を獲得した。11作の週間1位獲得合計数は162週。年間売り上げ最高アルバム獲得数4作と第1作『プリーズ・プリーズ・ミー』による連続1位獲得30週はいずれも1960年代の最高数。シングルは22作発売し、その内17作が1位を獲得。さらにアメリカを初め各国でも高いセールスを記録(詳細は「ビートルズの作品」を参照)し、ギネス・ワールド・レコーズに最も成功したグループアーティストと認定されている。(The Beatles)

Thebbs

『ザ掲示板』より : ザ掲示板(ざけいじばん)は、電子掲示板や簡易ブログサービス、チャットからなる、総合コミュニティサイトである。略称はザ、あるいはザビビ。thebbsと表記される場合もある。運営者は株式会社サムライファクトリーの代表取締役である篠田裕輔。
ザ掲示板では、
大小様々な電子掲示板の集合体であるザ掲示板
簡易ブログサービスである随筆・ザの人
THEチャット
の3つのサービスが展開されている。
「誰もが安心して楽しめる情報交換と娯楽の場」と「モダンなBBS」を目標に運営されており、「場末のコミュニティサイト」を自称している。
マスコットキャラクターは御獅子カメールという名の亀。
(Thebbs)

The掲示板

『ザ掲示板』より : ザ掲示板(ざけいじばん)は、電子掲示板や簡易ブログサービス、チャットからなる、総合コミュニティサイトである。略称はザ、あるいはザビビ。thebbsと表記される場合もある。運営者は株式会社サムライファクトリーの代表取締役である篠田裕輔。
ザ掲示板では、
大小様々な電子掲示板の集合体であるザ掲示板
簡易ブログサービスである随筆・ザの人
THEチャット
の3つのサービスが展開されている。
「誰もが安心して楽しめる情報交換と娯楽の場」と「モダンなBBS」を目標に運営されており、「場末のコミュニティサイト」を自称している。
マスコットキャラクターは御獅子カメールという名の亀。
(The掲示板)

The Lord of the Rings

『指輪物語』より : 『指輪物語』(ゆびわものがたり、原題:The Lord of the Rings)は、イギリスのJ・R・R・トールキンによる長編小説。妖精や魔法使いが国家を築き、戦争を繰り広げる架空の世界を舞台としたハイ・ファンタジー作品である。初期作品『ホビットの冒険』の続編として始まるが、より大きな物語になった。1937年から1949年にかけて少しずつ書かれたが、執筆期間の大部分は第二次世界大戦中であった。最初の版は1954年から1955年にかけて3巻本として出版された。以来多くの言語に翻訳され、増刷を重ね、20世紀文学で最もポピュラーな作品の一つになった。 『指輪物語』の舞台となる場所は地球である。しかしその舞台となる時代は、著者が創造した歴史上におけるアトランティス崩壊後にあたる遠い昔であると設定されている。トールキンはこの背景世界に、古英語のmiddanġeard(ミドガルド)を現代語化した英語名Middle-earth(中つ国)を与えた。(The Lord of the Rings)

The64DREAM

『ニンテンドードリーム』より : 『ニンテンドードリーム』(Nintendo DREAM)は、アンビットが発行し、徳間書店が発売している任天堂ゲーム機専門雑誌。通称は「ニンドリ」。毎月21日発売。公称発行部数は15万部。 現在の競合誌であるKADOKAWA刊行の『ファミ通DS+Wii』や『電撃Nintendo』などと違い、NINTENDO64期に派生元や前身となる雑誌を持たずに創刊された。創刊当時の誌名は『The 64DREAM』(ザ・ロクヨンドリーム)。編集部員も初代編集長の左尾昭典をはじめ、それまでゲーム雑誌に携わったことのない者が多かった(のちに『ファミリーコンピュータMagazine』系列の『Nintendoスタジアム』が統合される)。 2003年から直接読者層が競合するライバル誌が不在の状態が続いていたが、『デンゲキニンテンドーDS』(現・『電撃Nintendo』)の増刊号という形で、2006年10月13日にメディアワークス(後のアスキー・メディアワークス)が旧『電撃NINTENDO64』の流れを汲んで、中・高年齢向けを銘打った『DENGEKI DS Style』を発刊。(The64DREAM)

The Soul Taker 〜魂狩〜

『The Soul Taker 〜魂狩〜』(ザ・ソウルテイカー 〜たましいがり〜)は、竜の子プロダクションが制作し、WOWOWで放送された日本のアニメ テレビアニメ作品。
WOWOW(有料(スクランブル)枠)で2001年4月4日に初放送。放送時間帯は毎週水曜日の23時だった。放送は同年の7月4日に終了したが、以後もキッズステーションや毎日放送のアニメシャワー内(2005年9月10日 - 12月3日)などのテレビ局で何度か放送されている。全13話。
WOWOWハイビジョンアニメ第一弾という触れ込みで、当時はごく珍しかった全編ハイビジョンの精細画像が売り物のひとつであったが、これは結果的には中盤から後半にかけての作画のアラをも目立たせる諸刃の剣となってしまった。まだ知られた名前ではなかった鬼才新房昭之の奇抜な演出も視聴者を困惑させ、初回放映時の人気は決して高いものではなかったが、徐々に再評価されるようになった。
(The Soul Taker 〜魂狩〜)

The Soul Taker ~魂狩~

『The Soul Taker 〜魂狩〜』(ザ・ソウルテイカー たましいがり)は、竜の子プロダクションの制作による日本のテレビアニメ作品。 WOWOW(有料(スクランブル)枠)で2001年4月4日に初放送。放送時間帯は毎週水曜日の23時だった。放送は同年の7月4日に終了。全13話。WOWOWハイビジョンアニメ第一弾という触れ込みで、当時はごく珍しかった全編ハイビジョンの精細画像が売り物のひとつであった。 シリアスな作風でSF、ミステリー映画的な要素を取り込んだアクションダークヒーローものとして作られている。 登場人物のひとりである中原小麦が、後に彼女を主人公とするパラレルアニメ作品『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』として制作されている。この作品は本作品の登場人物達を登場させてはいるが、ギャグ満載のアイドル魔法少女ものであり、物語の内容も人物設定も類似点が数個ある程度で全く違う別物になっている。 作品構成 本作品の映像は非常に抽象的・象徴的な場面が多く、多くの一般的なアニメ作品で使われるような映像は最終回などに、わずかに見られる程度である。(The Soul Taker ~魂狩~)

The Soul Taker

『The Soul Taker ~魂狩~』より : 『The Soul Taker 〜魂狩〜』(ザ・ソウルテイカー たましいがり)は、竜の子プロダクションの制作による日本のテレビアニメ作品。 WOWOW(有料(スクランブル)枠)で2001年4月4日に初放送。放送時間帯は毎週水曜日の23時だった。放送は同年の7月4日に終了。全13話。WOWOWハイビジョンアニメ第一弾という触れ込みで、当時はごく珍しかった全編ハイビジョンの精細画像が売り物のひとつであった。 シリアスな作風でSF、ミステリー映画的な要素を取り込んだアクションダークヒーローものとして作られている。 登場人物のひとりである中原小麦が、後に彼女を主人公とするパラレルアニメ作品『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』として制作されている。この作品は本作品の登場人物達を登場させてはいるが、ギャグ満載のアイドル魔法少女ものであり、物語の内容も人物設定も類似点が数個ある程度で全く違う別物になっている。 作品構成 本作品の映像は非常に抽象的・象徴的な場面が多く、多くの一般的なアニメ作品で使われるような映像は最終回などに、わずかに見られる程度である。(The Soul Taker)

The Soul Taker~魂狩~

『The Soul Taker ~魂狩~』より : 『The Soul Taker 〜魂狩〜』(ザ・ソウルテイカー たましいがり)は、竜の子プロダクションの制作による日本のテレビアニメ作品。 WOWOW(有料(スクランブル)枠)で2001年4月4日に初放送。放送時間帯は毎週水曜日の23時だった。放送は同年の7月4日に終了。全13話。WOWOWハイビジョンアニメ第一弾という触れ込みで、当時はごく珍しかった全編ハイビジョンの精細画像が売り物のひとつであった。 シリアスな作風でSF、ミステリー映画的な要素を取り込んだアクションダークヒーローものとして作られている。 登場人物のひとりである中原小麦が、後に彼女を主人公とするパラレルアニメ作品『ナースウィッチ小麦ちゃんマジカルて』として制作されている。この作品は本作品の登場人物達を登場させてはいるが、ギャグ満載のアイドル魔法少女ものであり、物語の内容も人物設定も類似点が数個ある程度で全く違う別物になっている。 作品構成 本作品の映像は非常に抽象的・象徴的な場面が多く、多くの一般的なアニメ作品で使われるような映像は最終回などに、わずかに見られる程度である。(The Soul Taker~魂狩~)

The end of genesis T.M.R. evolution turbo type D

『T.M.Revolution』より : T.M.Revolution(ティー・エム・レボリューション)は、西川貴教のソロプロジェクト。略称はT.M.R、TMなど。 名前の由来 "Takanori Makes Revolution"(貴教が革命を起こす)の頭文字を取ったものである。また、西川貴教という一個人の名義ではなく、プロデューサー(浅倉大介)や関係者、また全てのファンも一緒に歩んで行くという意味が込められたプロジェクトの名称である。 なお、この名称は浅倉大介がサポートメンバーを務めていたTM NETWORKに由来していると推測されるが、浅倉は著書の中で「似ている事には後で気が付いた」と述べている。一方、浅倉はテレビやラジオ等で小室哲哉に「TMの名前を使わせて貰います」と直接電話した事を語っている。 デビューまでの経緯 1995年 1月1日、浅倉大介と貴水博之によるユニットaccessが活動休止。 3月6日、NHK「ポップジャム」公開収録において浅倉、貴水がソロ活動を発表。浅倉は他アーティストのプロデュースを含むソロ活動を開始する。(The end of genesis T.M.R. evolution turbo type D)

The Society for the Study of Modern Visual Culture

『げんしけん』より : 『げんしけん The Society for the Study of Modern Visual Culture』は、木尾士目による日本の漫画作品。2005年に講談社漫画賞並び文化庁メディア芸術祭にノミネートされた。 表題の「げんしけん」とは物語の舞台となる大学のサークル「現代視覚文化研究会(現視研)」の事で、主人公達の入会に伴い半休止状態から次第に活気を取り戻す様子を描く。オタクの日常をリアルに描くコメディから、やがて心理描写と人間模様を軸としたラブコメへとシフトした。 これまで漫画、アニメ、イラスト、ライトノベル、コンピュータゲーム、の他、二次創作物である同人誌(および同人誌即売会)、フィギュア、カプセルトイ、トレーディングカード、コスプレ、プラモデル等のサブカルチャー(以下サブカル)が登場。第13話ではサンライズ承認、バンダイ協力のもと「ガンプラ」を題材にしている。 時代設定は連載開始時と同期だが、再開後に登場するコスプレは近年の作品を元ネタとしている。 作者の出身校・筑波大学にある同名のサークル「現代視覚文化研究会」がモチーフである。(The Society for the Study of Modern Visual Culture)

The Rolling Stones

『ローリング・ストーンズ』より : ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) は、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ(ギター、ハーモニカ)、イアン・スチュワート(ピアノ)、ミック・ジャガー(リードヴォーカル、ハーモニカ)、キース・リチャーズ(ギター、ボーカル)によって結成、その後間もなくベーシストのビル・ワイマンとドラマーのチャーリー・ワッツが参加した。 結成当初のリーダーはジョーンズであったが、後にジャガーとリチャーズがコンビで作曲を行い、グループをリードするようになった。1969年、ジョーンズは体調不良と法律問題のためバンドへの貢献が減少しツアーへの参加もできなくなり、バンドを脱退、その3週間後にプールで溺死した。ジョーンズの後任としてミック・テイラーが加入、1974年に脱退するまで活動を続けた。その後、ロン・ウッドが加入する。ワイマンは、1993年にバンドを脱退、後任としてダリル・ジョーンズがベースを担当するようになるが、正式メンバーとしては加入していない。(The Rolling Stones)

The Powerpuff Girls

『パワーパフガールズ』より : 『パワーパフガールズ』 (The Powerpuff Girls) は、クレイグ・マクラッケン原作の漫画、テレビアニメ作品で、テレビ東京系列・カートゥーン ネットワークでアニメシリーズ放送し、漫画はIDWパブリッシングから出版中で現在も継続している。2016年からアニメ新シリーズ開始予定。カートゥーン ネットワーク・スタジオの作品の中では一番長く続いている。 Whoopass Stew 当時21歳の大学生だったクレイグ・マクラッケンが1992年に製作したマクラッケンの初のオリジナル作品「Whoopass Stew:A Sticky Situation」に登場する「Whoopass Girls」が原型である。カートゥーン・ネットワーク、ハンナ・バーベラから作品を高評され、カートゥーン・ネットワークでの『Whoopass Stew』製作の許可が下り、再び同作の短編を手がけることになった。(The Powerpuff Girls)

The New York Times

『ニューヨーク・タイムズ』より : ニューヨーク・タイムズ(英語: The New York Times)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市に本社を置く、新聞社並びに同社が発行している高級日刊新聞紙。アメリカ合衆国内での発行部数はUSAトゥデイ(211万部)、ウォール・ストリート・ジャーナル(208万部)に次いで第3位(103万部)。 同紙は1851年にニューヨーク市で発行していた、ニューヨーク・トリビューン紙に対する高級新聞というスタイルをとり、創刊された。当初は、優れた体裁が人気を集め、順調に発行部数を伸ばしたが、南北戦争後に、南部に対する寛大な論調が反感を呼び、一時低迷した時期もある。その後20世紀に入ると、世界各地に取材網を張り巡らせ、ワシントン・ポストやウォール・ストリート・ジャーナルと並ぶアメリカを代表する高級紙としての地位を確立した。 アメリカでは、しばしば The Times と略される。" times.com " ドメインはニューヨーク・タイムズが所持している。All The News That's Fit To Print(印刷に値するニュースはすべて掲載する)とのモットーが毎号A-1面の左上に印刷されている。(The New York Times)

The Bluehearts

『THE BLUE HEARTS』より : THE BLUE HEARTS(ザ・ブルーハーツ)は、地球の20世紀後半に存在したバンド。1985年結成。1987年にメジャーデビューし、1980年代後半から1990年代前半にかけて活動し、1995年に解散した。 ヒット曲は「リンダリンダ」「TRAIN-TRAIN」「情熱の薔薇」など。コード進行は3、4コードを主としたシンプルなものが多いにもかかわらず、オリジナリティ溢れる楽曲を多く作り上げた。 「ブルーハーツ」というバンド名の由来は、甲本ヒロトによると「意味は無く、誰もが呼びやすい小学生でもわかるような英語で、バンドの音楽性が見えないような名前」だからつけたとのこと。 1985年結成。1987年にシングル「リンダリンダ」でメジャーデビュー。解散後も、その楽曲は近年でもCMやドラマや映画などに多く使われている。 ザ・ブルーハーツの詩は、NHK「人間講座」の「言葉の力・詩の力」(ねじめ正一講師)中でも、その文学性が高く評価されている(なお、教材本文の講義は、2001年度前期のNHK教育テレビ「人間講座」内で放送)。(The Bluehearts)

The 7th Blues

『The 7th Blues』(ザ・セヴンス・ブルーズ)は、日本のロック・ユニット、B'zの2枚組オリジナル・アルバムである。なお、「Blues」の読み方は、「ブルース」ではなく「ブルーズ」だが、メンバーはどちらでも良いと述べている。 内容 B'z初の2枚組オリジナル・アルバム。タイトルは「ブルーズ」だが、ブルース調の曲が多いわけではなく、アレンジとしてはジャズやファンク寄りのものも多い。様々な楽器が使用され、特にブラスが多用されている。また、他のアルバムに比べ演奏時間が長い曲が多く、6分を超える曲が6曲あり、半数の楽曲が5分を超えている。なお、需要減少により本作限りでアルバムのカセットテープの生産・販売を中止した。 メンバーは、「今まではツアーの合間にアルバムのレコーディングをしていたが、初めて製作だけに集中できた」とコメントし、今回はあまり深く考えず思いついた曲をどんどんレコーディングするという方針がとられた。(The 7th Blues)

Theサンデー+30

『THE・サンデー』より : 『The・サンデー』(ザ・サンデー、英称:The Sunday)は、日本テレビ系列(NNS加盟局)で1989年10月1日から2008年9月28日まで毎週日曜日の朝に生放送されていた情報番組である。 本番組終了後にリニューアルが行われ、『TheサンデーNEXT』として2011年3月まで放送されていた。 当初は、TBS系列(毎日放送制作)の情報ドキュメンタリー『中村敦夫の地球発22時』で司会を務めていた中村敦夫をメインキャスターに据えた硬派な情報番組としてスタートしたが、視聴率は伸び悩んだ。その後視聴率は持ち直したものの、中村の政界進出に伴い、1992年9月いっぱいで勇退。同1992年10月からは徳光和夫が司会となる。 1996年に放送時間を30分拡大するとともにスタッフを一新してからは、ワイドショー的な演出手法を取り入れ、芸能コーナーも設置。また、熱狂的なプロ野球・読売ジャイアンツファンとしても知られる徳光と、元巨人で日テレ野球解説者の江川卓との「激論バトル」がスポーツコーナーの大半を占めるようになった(一時期、この2人に加えてこちらも巨人OBの元木大介を入れた3人でバトルを繰り広げたこともあった。(Theサンデー+30)

Theサンデー

『THE・サンデー』より : 『The・サンデー』(ザ・サンデー、英称:The Sunday)は、日本テレビ系列(NNS加盟局)で1989年10月1日から2008年9月28日まで毎週日曜日の朝に生放送されていた情報番組である。 本番組終了後にリニューアルが行われ、『TheサンデーNEXT』として2011年3月まで放送されていた。 当初は、TBS系列(毎日放送制作)の情報ドキュメンタリー『中村敦夫の地球発22時』で司会を務めていた中村敦夫をメインキャスターに据えた硬派な情報番組としてスタートしたが、視聴率は伸び悩んだ。その後視聴率は持ち直したものの、中村の政界進出に伴い、1992年9月いっぱいで勇退。同1992年10月からは徳光和夫が司会となる。 1996年に放送時間を30分拡大するとともにスタッフを一新してからは、ワイドショー的な演出手法を取り入れ、芸能コーナーも設置。また、熱狂的なプロ野球・読売ジャイアンツファンとしても知られる徳光と、元巨人で日テレ野球解説者の江川卓との「激論バトル」がスポーツコーナーの大半を占めるようになった(一時期、この2人に加えてこちらも巨人OBの元木大介を入れた3人でバトルを繰り広げたこともあった。(Theサンデー)

The World (.hack)

The World(ザ・ワールド)とは、.hackシリーズの舞台となっている架空のゲームである。架空のオペレーティングシステム「Altimit OS」向けに、CyberConnect Corporation(以後「CC社」)が発売したMMORPGである。Plute Kiss(後述)後の初めてのオンラインゲームとして発売された。プレイヤーはコントローラーとヘッドマウントディスプレイを使用してThe Worldにアクセスする。
The Worldは、エマ=ウィーラントのネット叙事詩「#黄昏の碑文 黄昏の碑文」をモデルとし、.hack//SIGN#ハロルド=ヒューイック ハロルド=ヒューイックが作成したfragmentを基としている。大きく分けて、
fragment fragment
The World R:1 The World R:1
The World R:2 The World R:2
の3世代が存在し、以下に挙げるのはThe World全体で共通する概念である。
(The World (.hack))

日本の滑走路

防衛庁・米軍の滑走路

北海道の滑走路

東北の滑走路

関東の滑走路

中部の滑走路

近畿の滑走路

中国の滑走路

四国の滑走路

九州の滑走路

沖縄の滑走路

ロケット発射場

日本の射場

ロシアの射場

アメリカの射場

カザフスタンの射場

中国の射場

日本の競馬場

日本中央競馬会

地方競馬場 北海道

地方競馬場 東北

地方競馬場 関東

地方競馬場 中部

地方競馬場 近畿

地方競馬場 中国・四国

地方競馬場 九州

世界の競馬場

フランスの競馬場

イギリスの競馬場

ドイツの競馬場

カナダの競馬場

アメリカの競馬場

images

No Known Copyright Restrictions

Clouds - White Pass, Kings River Canyon(Proposed as a national park), California, 1936.
Dark foreground and clouds, mountains highlighted, Heaven's Peak, Glacier National Park, Montana.
Photograph of airmail planes at Cleveland, Ohio
ANA DC-3 Kurana VH-UZK over Melbourne, c. 1940s, by unknown photographer
Roamer wins at Belmont(LOC)
Horse Show - Long Branch(LOC)
View of Atlas missile launch
40th Street between Sixth and Seventh Avenues, from Salmon T...

Creative Commons License

Blender3D CubePlaneCollision1.gif
Attribution
Share Alike

www.cyberframe.info

Service

Information

このサイトでは、地球上の美しい風景や面白いスポット、興味深い場所などを ©Google が提供する WEB サービス等を利用して、視覚的なイメージで紹介しています。

サイトの表示に関してや更新など、メンテナンスに気を配っておりますが、もし不具合がありましたらご容赦下さい。