北九州空港    
Google Earth API
MENU 

北九州空港

北九州空港(きたきゅうしゅうくうこう、英: Kitakyushu Airport)は、福岡県北九州市小倉南区空港北町と京都郡苅田町空港南町に跨る人工島に位置する空港(海上空港)である。ターミナルビルや空港事務所は北九州市側に所在する。国際航空輸送網又は国内航空輸送網の拠点となる空港として空港法第4条1項5号に該当する空港として政令で定める空港に区分されている。 2006年(平成18年)3月16日に開港。開港時の名称は「新北九州空港」で、小倉南区曽根にあった(旧)北九州空港(1944年開港)の実質的な移転である(旧空港は開港前日の3月15日に運用終了)が、名実共に「北九州空港」となるのは2008年の空港法改正のときである。空港島は北側が北九州市小倉南区、南側が京都郡苅田町に跨るが、空港施設の大半は北九州市側に位置している。本土とは地域高規格道路である新北九州空港道路(福岡県道245号新北九州空港線)で結ばれており、苅田町側からアプローチすることになる。(北九州空港)

北九州空港 (初代)

空港種別民間
航空管制民間
Alternate NameKOKURA
運用時間(JST)7:30-21:30
2006年3月15日まで運用されていた北九州空港(きたきゅうしゅうくうこう)は、福岡県北九州市小倉南区大字曽根(そね)に位置し、国土交通大臣が設置管理していた日本の空港。
太平洋戦争の最中、当時の小倉市曽根に大日本帝国陸軍の曽根飛行場として誕生した。大戦後にアメリカ軍への接収を経て民間飛行場(国土交通大臣が設置管理していた改正前の空港法 空港整備法による日本の空港#4条1項5号に該当する空港として政令で定める空港 第二種A空港)に転用され、北九州の空の玄関口として運用されていた。旅客定期便の運用が始まるまではグライダーの練習場として使われていたこともあった。
1961年より民間飛行場として運用開始され、全日本空輸 全日空が日本航空機製造YS-11などのターボプロップ機により大阪便を運行していたが、1975年山陽新幹線岡山駅 - 博多駅間が開業したことに伴い利用客が減少し、また滑走路が1500mしかなく、東以外の三方を山に囲まれ霧が立ちこめやすい立地から欠航率が高く、滑走路の一方は山に阻まれ、もう一方も海で曽根干潟に面しており環境保護の観点から埋め立ては事実上不可能で、滑走路延伸が困難なことからジェット機化への対応が困難であったため、1983年に定期便が廃止された。
(北九州空港 (初代))

日本の滑走路

防衛庁・米軍の滑走路

北海道の滑走路

東北の滑走路

関東の滑走路

中部の滑走路

近畿の滑走路

中国の滑走路

四国の滑走路

九州の滑走路

沖縄の滑走路

ロケット発射場

日本の射場

ロシアの射場

アメリカの射場

カザフスタンの射場

中国の射場

日本の競馬場

日本中央競馬会

地方競馬場 北海道

地方競馬場 東北

地方競馬場 関東

地方競馬場 中部

地方競馬場 近畿

地方競馬場 中国・四国

地方競馬場 九州

世界の競馬場

フランスの競馬場

イギリスの競馬場

ドイツの競馬場

カナダの競馬場

アメリカの競馬場

images

No Known Copyright Restrictions

Clouds - White Pass, Kings River Canyon(Proposed as a national park), California, 1936.
Dark foreground and clouds, mountains highlighted, Heaven's Peak, Glacier National Park, Montana.
Photograph of airmail planes at Cleveland, Ohio
ANA DC-3 Kurana VH-UZK over Melbourne, c. 1940s, by unknown photographer
Roamer wins at Belmont(LOC)
Horse Show - Long Branch(LOC)
View of Atlas missile launch
40th Street between Sixth and Seventh Avenues, from Salmon T...

Creative Commons License

Blender3D CubePlaneCollision1.gif
Attribution
Share Alike

www.cyberframe.info

Service

Information

このサイトでは、地球上の美しい風景や面白いスポット、興味深い場所などを ©Google が提供する WEB サービス等を利用して、視覚的なイメージで紹介しています。

サイトの表示に関してや更新など、メンテナンスに気を配っておりますが、もし不具合がありましたらご容赦下さい。