仙台空港    
Google Earth API
MENU 

仙台空港

仙台空港(せんだいくうこう)は、宮城県名取市と岩沼市に跨って位置する、東北地方唯一の国管理空港(旧第二種(A)空港)である。空港ターミナルビルが名取市にあり、滑走路が岩沼市に及ぶ。 宮城県中南部の海岸にほど近い、仙台市のJR仙台駅から南南東14kmほどのところに位置し、仙台空港アクセス線(空港連絡鉄道)で結ばれている。離着陸の際には、広大な太平洋と仙台湾沿いに続く砂浜や防砂林の松林、南北に流れる貞山運河、そして奥羽山脈に抱かれた仙台平野と市街地のビル群が一望の下になる。 滑走路は、開設時からある1,200mのA滑走路と新設された3,000mのB滑走路の2本あり、「y」の字型に交わる。基本的に、A滑走路はセスナなどの小型機、B滑走路は旅客機などの中型機や大型機が使用するが、航空大学校などの小型機も訓練のために、計器着陸装置(ILS)が使用できるB滑走路を使用する。他県の多くの空港では公共用ヘリコプターも見られるが、宮城県警察ヘリは仙台市若林区霞目にある陸上自衛隊霞目飛行場を使用する。(仙台空港)

仙台空港鉄道仙台空港線

ファイル:鉄道路線図_仙台空港鉄道.svg 256px right thumb 赤線が仙台空港線
ファイル:20081012SendaiAirport.JPG thumb right 240px 仙台空港線の高架橋区間を白線で描出。
ファイル:20090719仙台平野.jpg thumb right 240px 画像処理していない仙台空港線の全景
ファイル:SendaiKukoTetsudo.jpg thumb right 240px 空港ターミナルより見る仙台空港線
仙台空港線(せんだいくうこうせん)は、宮城県名取市の名取駅から同市の仙台空港駅までを結ぶ7.1kmの鉄道路線である。運営は第三セクターの仙台空港鉄道 (SAT) が行う。
様々な名称で呼ばれているため、以下に整理列挙する。
仙台空港線(名取駅 - 仙台空港駅)…(株)仙台空港鉄道(SAT)が新設した同区間の正式鉄道路線 路線名。
仙台空港アクセス線(仙台駅 - 仙台空港駅)…直通運転が行われる仙台駅名取駅仙台空港駅の区間の運行系統上の愛称。SATと東日本旅客鉄道 JRの列車が各々運行される。車内放送でも使用。
(仙台空港鉄道仙台空港線)

仙台空港鉄道SAT721系電車

『JR東日本E721系電車』より : E721系電車(E721けいでんしゃ)は東日本旅客鉄道(JR東日本)の交流一般形電車。 本項では、仙台空港鉄道が所有する同型車両のSAT721系電車(SAT721けいでんしゃ)、青い森鉄道が所有する同型車両の青い森703系電車(あおいもり703けいでんしゃ)についても記述する。 仙台支社で運用されている在来線電車の車両更新と、仙台空港アクセス線での運用を目的に開発された車両である。 2007年(平成19年)3月18日に開業した仙台空港鉄道仙台空港線(名取駅 - 仙台空港駅)の建設事業では、仙台空港鉄道仙台空港駅とJR仙台駅間の直通運転が計画されていた。この直通運転に必要となる車両として、E721系電車(500番台)とSAT721系電車が製作された。そして、JR東日本仙台地区在来線の国鉄形電車置き換え用としてE721系電車の0番台車が製作された。製作を担当したのは川崎重工業と東急車輛製造である。低床化の実現などが評価され、E721系電車とSAT721系電車に対して、鉄道友の会より2008年度ローレル賞が贈られた。(仙台空港鉄道SAT721系電車)

仙台空港線

仙台空港線(せんだいくうこうせん) 仙台空港鉄道仙台空港線 - 仙台空港駅と名取駅を結ぶ仙台空港鉄道が運営する鉄道路線。 宮城県道20号仙台空港線 - 仙台空港と国道4号を結ぶ宮城県道。(仙台空港線)

仙台空港アクセス線

ファイル:SAT721.jpg thumb right 240px 仙台空港鉄道SAT721系電車
ファイル:E721-500.jpg thumb right 240px JR東日本E721系電車
仙台空港アクセス線(せんだいくうこうアクセスせん)は、は、宮城県仙台市青葉区 (仙台市) 青葉区の仙台駅と同県名取市の仙台空港駅を結ぶ鉄道路線(運転系統)の愛称。マスメディアや沿線開発のコマーシャルメッセージ CMでは「仙台空港アクセス鉄道」と表現されることがある。
東日本旅客鉄道(JR東日本)、および、仙台空港鉄道 (”SAT”) が、この区間で各々列車を運行している。使用車両については、JR東日本E721系電車を参照。
次の2路線から構成される。
仙台駅 - 名取駅:JR東日本東北本線
名取駅 - 仙台空港駅:”SAT” 仙台空港鉄道仙台空港線 仙台空港線
(仙台空港アクセス線)

仙台空港 - 山形線

仙台空港 - 山形線(せんだいくうこう - やまがたせん)は、かつて宮城県名取市にある仙台空港と山形県山形市を結んでいた高速バス路線である。
宮城交通
山交バス (山形県) 山交バス
仙台空港 - (仙台空港インターチェンジ 仙台空港IC) - (仙台東部道路) - (仙台南部道路) - (東北自動車道) - (山形自動車道) - (山形蔵王インターチェンジ 山形蔵王IC) - 山形県庁前 - 鉄砲町 - 山交ビル・山形駅前
1日8往復(各社4往復)。
仙台空港 - 山形間:大人片道1,500円。
1998年12月19日 - 運行開始(1日4往復、大人片道1,800円)。
2003年8月1日 - 1日8往復に増便し、運賃を大人片道1,500円に値下げ。
2007年4月1日 - 1日10往復に増便。
2008年4月1日 - 1日8往復に減便。
2008年6月30日 - 燃料高騰と利用者低迷により、同日の運行をもって廃止。
(仙台空港 - 山形線)

仙台空港鉄道

仙台空港鉄道株式会社(せんだいくうこうてつどう)は、仙台空港線の建設・運営を目的として発足した第三セクター方式の鉄道会社である。 略称は英称の頭字語の「SAT」。ロゴマークは一般公募作品の中から決定した。 仙台空港鉄道の唯一の路線は、2007年(平成19年) に開業した仙台空港線である。これは東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線・名取駅から分岐してSAT仙台空港駅に至る、全長約7kmの空港連絡鉄道である。すべての列車がJR線への直通運転により仙台駅 - SAT仙台空港駅間で運行されており、JR線への乗り入れ区間を含めて仙台空港アクセス線と通称されている。 会社設立は2000年(平成12年)であり、主な出資者は、宮城県・仙台市・名取市・岩沼市などの沿線自治体、およびJR東日本である。また、村山地方からの利用者が見込まれた山形県は、資本金の約 0.7%にあたる5000万円を出資した。 開業後の利用者数は当初の予想を下回っているが、沿線である杜せきのした駅前には商業施設イオンモール名取が開業するなど、空港連絡に留まらない沿線開発が期待されている。(仙台空港鉄道)

仙台空港駅

仙台空港駅(せんだいくうこうえき)は、宮城県名取市にある仙台空港鉄道仙台空港線の駅である。仙台空港との連絡駅。 2007年(平成19年)3月18日 - 開業。 2011年(平成23年) 3月11日の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)による津波で駅舎・周辺の線路に壊滅的被害を受け、運行休止。バス代行を実施。 10月1日 - 運転再開し全線復旧。 駅構造 1面2線の頭端式ホームを持つ高架駅で、ホーム、コンコースともに2階にある。駅舎は、空港ターミナルの南側に設置され、ターミナルの2階と連絡通路でつながる。自動券売機・自動改札機(いずれもSuicaおよび相互利用対象の交通系ICカード対応)、自動精算機(ICカード非対応)設置駅。日本語・英語・中国語・韓国語で発車案内の放送があり、発車メロディが導入されている。 ホームと空港ターミナルビルとの間はバリアフリー化がなされており、距離が短く、ほとんど段差を通らずに往来できる。 のりば 利用状況 2014年度の1日平均乗降人員数4,705人(前年度比105.00%)であった。(仙台空港駅)

仙台空港~山形線

仙台空港 - 山形線(せんだいくうこう - やまがたせん)は、かつて宮城県名取市にある仙台空港と山形県山形市を結んでいた高速バス路線である。 運行会社 宮城交通 山交バス 運行経路 仙台空港 - (仙台空港IC) - (仙台東部道路) - (仙台南部道路) - (東北自動車道) - (山形自動車道) - (山形蔵王IC) - 山形県庁前 - 鉄砲町 - 山交ビル・山形駅前 運行回数 1日8往復(各社4往復)。 運賃 仙台空港 - 山形間:大人片道1,500円。 1998年12月19日 - 運行開始(1日4往復、大人片道1,800円)。 2003年8月1日 - 1日8往復に増便し、運賃を大人片道1,500円に値下げ。 2005年10月1日 - 宮城県側運行会社が宮交観光サービスから宮城交通になる。 2007年4月1日 - 1日10往復に増便。 2008年4月1日 - 1日8往復に減便。 2008年6月30日 - 燃料高騰と利用者低迷により、同日の運行をもって廃止。(仙台空港~山形線)

仙台空港⇔山形

『仙台空港~山形線』より : 仙台空港~山形線(せんだいくうこう・やまがたせん)は、宮城県名取市にある仙台空港と山形県山形市を結ぶ高速バスである。
宮城交通
山交バス
仙台空港 - (仙台空港インターチェンジ 仙台空港IC) - (仙台東部道路) - (仙台南部道路) - (東北自動車道) - (山形自動車道) - (山形蔵王インターチェンジ 山形蔵王IC) - 山形県庁前 - 鉄砲町 - 山交ビル・山形駅前
仙台空港~山形 - 1,500円
基本的には予約制だが、空席があれば予約なしでも乗車できる。
高速バス路線 せんたいくうこうやまかたせん
東北地方の都市間バス せんたいくうこうやまかたせん
(仙台空港⇔山形)

仙台空港~山形

『仙台空港~山形線』より : 仙台空港~山形線(せんだいくうこう・やまがたせん)は、宮城県名取市にある仙台空港と山形県山形市を結ぶ高速バスである。
宮城交通
山交バス
仙台空港 - (仙台空港インターチェンジ 仙台空港IC) - (仙台東部道路) - (仙台南部道路) - (東北自動車道) - (山形自動車道) - (山形蔵王インターチェンジ 山形蔵王IC) - 山形県庁前 - 鉄砲町 - 山交ビル・山形駅前
仙台空港~山形 - 1,500円
基本的には予約制だが、空席があれば予約なしでも乗車できる。
高速バス路線 せんたいくうこうやまかたせん
東北地方の都市間バス せんたいくうこうやまかたせん
(仙台空港~山形)

仙台空港インターチェンジ

仙台空港インターチェンジ(せんだいくうこうインターチェンジ、英語表記Sendai Airport)は、宮城県名取市にある、仙台東部道路のインターチェンジである。仙台空港への連絡IC。 道路 仙台東部道路(3番) 接続道路 宮城県道20号仙台空港線 料金所 ブース数:6 入口 ブース数:2 ETC専用:1 一般:1 出口 ブース数:4 ETC専用:1 一般:3 周辺 仙台空港 隣 仙台東部道路 (2)岩沼IC - (3)仙台空港IC - (4)名取IC 関連項目 日本のインターチェンジ一覧 外部リンク 東日本高速道路。(仙台空港インターチェンジ)

仙台空港鉄道仙台空港アクセス線

『』より : (仙台空港鉄道仙台空港アクセス線)

仙台空港アクセス鉄道

『』より : (仙台空港アクセス鉄道)

日本の滑走路

防衛庁・米軍の滑走路

北海道の滑走路

東北の滑走路

関東の滑走路

中部の滑走路

近畿の滑走路

中国の滑走路

四国の滑走路

九州の滑走路

沖縄の滑走路

ロケット発射場

日本の射場

ロシアの射場

アメリカの射場

カザフスタンの射場

中国の射場

日本の競馬場

日本中央競馬会

地方競馬場 北海道

地方競馬場 東北

地方競馬場 関東

地方競馬場 中部

地方競馬場 近畿

地方競馬場 中国・四国

地方競馬場 九州

世界の競馬場

フランスの競馬場

イギリスの競馬場

ドイツの競馬場

カナダの競馬場

アメリカの競馬場

images

No Known Copyright Restrictions

Clouds - White Pass, Kings River Canyon(Proposed as a national park), California, 1936.
Dark foreground and clouds, mountains highlighted, Heaven's Peak, Glacier National Park, Montana.
Photograph of airmail planes at Cleveland, Ohio
ANA DC-3 Kurana VH-UZK over Melbourne, c. 1940s, by unknown photographer
Roamer wins at Belmont(LOC)
Horse Show - Long Branch(LOC)
View of Atlas missile launch
40th Street between Sixth and Seventh Avenues, from Salmon T...

Creative Commons License

Blender3D CubePlaneCollision1.gif
Attribution
Share Alike

www.cyberframe.info

Service

Information

このサイトでは、地球上の美しい風景や面白いスポット、興味深い場所などを ©Google が提供する WEB サービス等を利用して、視覚的なイメージで紹介しています。

サイトの表示に関してや更新など、メンテナンスに気を配っておりますが、もし不具合がありましたらご容赦下さい。